logo

メッセージ 理念|安田 舞(書道家 / 書家)

ルーツ/roots

ご挨拶

自分にとっての〝幸せ〟や〝豊かさ〟を、
ひとりひとりが実現していける世の中に。

はじめまして。安田  舞 と申します。

表現を通して、関わる方たちの可能性を切り拓く
感動と活力を届けるを使命とし、

国内外式典・イベントでの書道パフォーマンス出演や、
題字タイトル・ロゴ・企業様理念・オーダーメイド作品のご制作など
書を通じてたくさんのお仕事をさせていただいております。

書道家としての私のお仕事は、みなさまの想いを『書』という形へ表現することです。

書を通じて、関わらせていただくみなさま、企業様や個人様の想いに触れさせていただくと、それぞれにとても素敵な想いやストーリーがあり、いつもとてもワクワクした豊かな気持ちにさせていただきます。

活動を通じて、出逢わせていただきますたくさんの方々との素敵なご縁や繋がりが財産であり、いつも幸せを感じています。

想いと志を形にし、可能性を切り拓く

書を通じてご縁あるみなさまに関わらせていただくとき、
企業様や個人様の想いや志(ご企画のコンセプト)に触れるご機会が多くございます。

誰にでもある、ひとりひとりがこれまで歩んできたそれぞれの人生。
そこにはたくさんのストーリーがあります。

その価値観や想い・コンセプトを自身に一度取り込ませていただき、書をしたためるのですが、
想いを乗せ表現した作品・反映させた書にはエネルギーが乗り、
場の気を高め、命が宿ったように輝きが放たれると感じております。

想いが込められたものには、可能性を切り拓く力があると信じています。

人には可能性がある 自身の経験とルーツ 

(突然私自身の話になり、大変恐縮なのですが)

私自身、幼少期に不整脈の病気にかかり、
突然死するかもしれないと宣告された過去があります。

4歳の時に入院をし、検査などをして病院を車椅子で過ごす毎日。
幸いにも私自身は自分に合う薬が見つかったため、三ヶ月ほどで退院することが出来ましたが、
同じ病棟の子供たちの中には、カテーテル治療や手術を行う子供、亡くなられた子供たちもいました。

なぜ生きる人となくなる人がいるのだろう。生きるとは?死ぬとは?子供なりにいつしか考えるようになっていました。

そうした経験から、幼い頃から、人は何のために生きているのか。と自問自答する時間も増えていきました。
〝必ず人はひとりひとり生まれてきた意味や使命があるはずだ。〟

日常生活には支障がないものの、運動や行動に制限がかかったことから、
〝もっと自由に生きたい〝〝やりたいこと・好きなことをしたい!〝
〝人生は一度きりなのだから、チャレンジをしたい・・!〝という想いと価値観が、成長するにつれ大きく芽生えていくのを感じていました。

大人になってからルーツと向き合い、自身の価値観の形成のきっかけに気がついたことでもありました。
(現在は、完治し、お陰様で健康で過ごせております。)

書は唯一自己表現できる場だった

そのとき、同じ4歳の頃に出会ったのが、書道でした。
きっかけは、両親に薦められて幼馴染と近所の書道教室に通い始めたこと。

書道をしたり、学校の美術の時間に絵を描いたり、物を作ったり、自分の感性でものを表現すること、
何かに集中することが大好きでした。

幼い頃、病気の影響で運動することに制限がある中で、唯一、自由に自己表現できる場所を書道の時間に感じ、
上達していくことに喜びを感じ、心地の良さを感じていたのだと思います。

この経験は、私の書道家としての原点になっています。

人はひとりひとり、生まれて来た意味や使命が必ずある

そして高校を卒業する頃、これからの人生を決める分岐点に経ちました。ずっと続けてきていた書道への道。それとも美術大学への道、専門学校への道。

その当時、〝書道家〟というロールモデル・自身の知見はまだ少なく、書道教室の先生というモデリングしか身近にいなかったことで、芸術は一生・終わりがないものとして考えたこともあり、もう少し先の未来に書道家を志しても良いのではないかと考え、専門学校への道へ。卒業し製菓業界へ。

パティシエとして働くものの、環境・健康面などを考え一度仕事を離れることに。

仕事を離れ、十分な時間と心のゆとりを感じるなかで、沸沸と自問自答するものがありました。

『自分はこれからの人生で何がしていきたいのか?』 『どう生きていきたいのか?』

たくさんの世界が知りたくなり、本を読むこと、人と会うこと、セミナー、講演会に行くこと、時間を使いたくさんのものに触れました。

世の中には、こんなにたくさんの生き方や考え方・価値観・働き方・環境があるんだ。
一気に自分の視野が開けていくのを感じました。

世の中には様々な生き方をしている人たちがいる。
そのなかで、自分という人間はどう生きて生きたいのだろうか。

自分自身と向き合い、内観していくなか、

『人にはひとりひとり、生まれてきた意味や使命が必ずある』
『世の中の誰にでもできることではなく、自分にしか出来ないことで人の役に立つことをしていきたい』
という想いが強く芽生えていました。

自分には、何が一番長けているだろうか?と考えたとき、自分で導き出した答えは、やっぱり大好きな『書』でした。

『書で人の役に立ちたい』と。 書道家として生きていくことを志しました。

時を経て、『人はひとりひとり、生まれて来た意味や使命が必ずある』と書と経験に気が付かせてもらったのだと感じています。

誰にでも(あなたにも)無限の可能性がある

その時に出会った本の一冊、ニーチェの言葉の『人生を最高に旅せよ』という言葉は、私の座右の銘です。

書道家として生きると決めて、想いを語り、行動していった先には、たくさんの出逢いがありました。応援してくれる方との出会い・同じ志をもつ仲間や経営者の方々との出会い。そうして、アドバイスをいただきながら、セミナー開催を始めとして、作品制作・書道パフォーマンス出演をメインとし、独立し活動を開始しました。

可能性にチャレンジし続けていくこと、活動を通じて、素敵な企業様や人たちに出逢えることは私の人生の財産です。

自身の経験と書が、生まれてきた意味と使命に気がつかせてくれました。

この世の命、ひとりひとりに生まれてきた意味や使命が必ずあり、ひとりひとりにとっての大切なもの、価値観、豊かさ、幸せがあると感じます。

ひとりひとりがそれを心から大切にし、幸せな毎日を実現できる人生を、心から願っています。