logo

安田 舞 連載エッセイ第四回【人にはひとりひとり生まれてきた意味や使命が必ずある (後編)/自分を生きる】


安田 舞 連載エッセイ 第四回

 

【人にはひとりひとり生まれてきた意味や使命が必ずある (後編)/
自分を生きる】

 

 

安田 舞連載エッセイとは。

 

カテゴリーを
【書道・仕事・人生に対する考え方】
【思考・人格・生き方】にわけ、

 

【書道・仕事・人生に対する考え方】では、
書道に関することで、為になる知識・仕事・人生に対しての考え方

 

【思考・人格・生き方】では、
人間安田舞自身が、
人生と想うことについて・経験談などをもとに
見てくださった方や誰かの役に立てればいいなと思い、
書いていきたいと思っているものです。

 

随筆のような形になるかと思いますが、
ご興味を持っていただいた方・ご縁ある方の
何かのお役に立てれば幸せです。^ ^

 

 

第四回目のタイトルは、

 

【人にはひとりひとり生まれてきた意味や使命が必ずある (後編)/
自分を生きる】

 

 

☆(前編)はこちら
https://ameblo.jp/maiy0809/entry-12389711898.html

 

☆(中編)はこちら

https://ameblo.jp/maiy0809/entry-12395899856.html

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

【 自分自身の人生を謳歌するため 】

 

 

に大切なこと、意識したいこと、忘れてはいけないと思うことがあります。

 

自分の人生の主人公は、当たり前ですが、

自分自身です。

 

 

 

◎自分以外の何者かになろうとしない◎

 

 

自分を生きる

 

例えば、よく言う何かを人と比べないと言い切ってしまえて
必ずしもみんなが実行出来るのであれば
こんなに簡単なことはないのですが、

人間は感情がある生き物なので、時によって、

難しいこともあるかもしれません。。

 

 

厳密にいうと、比べることは良いのですが、
そのあとの反応と行動が、大切になってくると思っています。

 

 

人と比べてしまう・自分にないものをみてしまう・嫉妬してしまう
ことなどは、過去であったとしても、程度は違えど、
人生で、誰にでも経験したことがあることだと思います。

 

 

人間とは

 

・人は、自分にあるものは当たり前なので、気がつかず、
自分にないものだから、目がいく生き物です。

 

・また、人は、動いているものに目がいく生き物です。
自分が止まっている限り、動いているものに目がいきます。

 

・また、例外はありますが(批判的に思っているものなど)
人は自分に近い存在や、自分よりも少し先をいっている人、
自分にも手が届くと心理的に思っている人やものにしかそういった感情は抱きません。

 

 

これを理解しておく必要があると思います。

 

 

 

例えば、各界で、たくさんの人に夢を与え、努力している
イチローに嫉妬したり、ミランダ・カーに
嫉妬したりする人はあまりいないと思います。。←
憧れや、尊敬の念を抱きますよね。

 

 

 

湧き出る感情は、
自分も出来るのに、自分もなれたかもしれないのに、
こんなはずではない、まだいける!
とようなことを、潜在的に思っている証拠でもあると思います。

 

 

 

それを、相手に向けるのではなく、自分に向けて、
プラス(に働かせる)にすればいいのです。

 

 

ないもので実にしたいことに関しては、
心技・内外面、自分を磨いて、努力する。手に入れる。
また、自分のあるものを存分に活かしたことをしているならば、
ないままでもいいと思います。(むしろ必要ないことも)

 

 

そして、あるものに関しては、
自分のことは意外と盲点。
だから、自分が何者なのかを知って、
自分にあるものに目を向けて、より磨き、充実させていくことで
自分の人生と心が豊かになっていくと思います。 (こちらの方が大事)

 

 

自分の人生を生きている(動いている・能動者でいる)と、
常に自分で自分を満たしてあげられているので、
人のことを羨ましく思うことはなくなってくると思います。
そして、自分も、人のことも、認められる・応援出来る自分になっているはずです。

 

 

 

物事の考え・捉え方という意味で、
すべてにおいて言えることではありますが、
プラス・マイナスに捉え働きかけられることがあります。

 

 

この場合でいう

 

プラス

・先駆者・すでにやってくれていることから学ぶ。真似・模範にする。守破離。
エッセンスとして取り入れる。
・こんな人になりたい!と思う人、ロールモデルから姿勢や考えを参考にする。
・いろんな人や環境をみたり取り入れたりすることで、自分を確かめられる。
(カスタマイズ出来る・人生観や思考の幅が広がる)
・糧にする・切磋琢磨する
・ライバルがいるから自分の潜在能力を引き上げてくれる=貴重な存在

自分軸

→ 自分の本質に取り入れたり、学んだり、化学反応させる。
最終的には、自分の道を切り開く。

 

 

マイナス

・比較して、落ち込んだままの心でいる。
・その人の不幸を願ってしまう・蹴落とすようなことをする・奪おうとする。
・その人自身になろうとしてしまう(その人の人生を生きようとしてしまう)
・嫌な心・嫌な存在のまま

他人軸

→他人軸なので、何かを達成したとしても本質的な自分の心が満たされることはない。
自分の人生ではなく、他人で自分を図っている。

 

 

自分を追求するのみ!
実際に、行動出来るか・出来ないかは個人の各々の課題として、
『意識出来ているか』『意識出来ていないか』
で大きく変わると思います。

 

 

大切なのは、そういった感情が出てきたときに、
感情を否定するのではなく、まずは、
そういう風に感じた(思った)自分を受け止めてあげます。

 

そして、その感情をプラスに働かせてあげるように意識してみましょう。。

 

 

 

自分を生きるということで 他に思うことは、
(ビジネスにも言えると思いますが)

 

・人がやっていないことをする 自分のオリジナルを誕生させる

 

守破離であっても、最初に真似することは最初〜中盤までは良いと思いますが、
ずっと真似をしたままでは、一生二番手・三番手止まりだと思います。
そこに、自分にあるものを掛け算して、自分だけのオンリーワンを作ろう。
また、新たなものを取り入れてみよう。

 

 

 

・ライバルは大切

 

ライバル=自分を引き上げてくれる存在
限界を超えていける。

 

プロのスポーツ選手やオリンピックに出場する選手も
己を探求・追及しながらも、
ライバルという存在がいたから、切磋琢磨し、
意識し合いながら、お互いに引き上げることが出来ている。

 

現役時代(ある期間)はライバルで仲が良くない時期やタイミングがあっても、
心許した・またはぶつかり合った貴重な存在、
年を重ねてから良い関係になれる場合もあると思います。

 

ギネス記録だって、達成されたものがあるから、今度はそれを
塗り替えようと、記録は更新し続けられています。

 

 

 

・逆に嫉妬や比べられる対象になった場合は、、

 

私も、過去に嫉妬の感情が出てきたことも、
逆に嫉妬・毛嫌いされたこともありますが、

(有ること無いこと言われたり、勘違いされたり)

 

もしもされた場合には、

誰かを裏切ったり、傷つけていなければ、そして、自分に嘘をついていなければ
気にせずに堂々と、自信を持って、自分は自分の道を進めば良いのです・・!!!!!

 

 

そう思っていつも自分は進んでいます。

 

たった少人数の批判者がいたとしても、
地球規模で考えると本当にちっちゃいものです。

 

(これもプラスに取るか・マイナスに取るかの捉え方・考え方
それ次第で変われると思います。)

 

その小さいところにエネルギーを持っていかれるより、
自分を応援してくれている人、自分を支えてくれている人、
自分の向かいたい先へ、引き続きエネルギーを使ったほうがいいと思います。

 

 

(※ もし毛嫌いや勝手な嫉妬をされているのではなく、
自分が良くないことをしてしまったと思うとき、
不義理なことをしてしまったと思うことがあるならば、
そのときは素直になって、向き合い、心から謝りましょう。。。)

 

 

踏み出す、チャレンジしている
一人一人を心から応援しています。🙇‍♂️

 

 

今ここから行動は始められます。💪

 

 

 

・出逢い

 

自分を生きていると、(正直に)
人生の中で、心から繋がれる仲間や友人
本音で分かり合えるような同士
細胞がうずくような人との出逢いがあったりします。

 

自分が自分でなく、自分を偽っていてはそんなことは感じられません。

 

自分以外の何かを追っていては、たとえ、何かを達成したとしても、
いつまで経っても心が満足することはありません。

 

どうか、自分の人生を生きるなかで
巡り逢う素敵なご縁と、

 

そのご縁のなかで出逢った、良き関係を築ける人
尊く大切な人達との素晴らしい人生を歩んでください。。☘

 

 

それから、

 

◎人は決して一人では生きられないということ◎

 

 

生まれてから、自分の人生を生きていくなかで、
たくさんの人と関わることだと思います。

 

人はたくさんの出逢いや巡り合いの中で生きています。

 

人を傷つけるのも人ですが、
人を支えることができたり、感動させることができるのも人なのです。

 

 

(極論、世の中に人がいなければ成り立たないですよね。。🙇‍♂️)

 

 

最近、ワールドカップがありましたが、
(地球・国規模でたくさんの人たちに感動や勇気を届けること、
選手の意思や姿勢、サッカーというスポーツ・志に)
私もたくさんの勇気や感動をもらいました。

 

 

歳を重ねてくるとわかりますが、
あらためて、因果応報であったり、
鏡であると感じることがあります。

 

 

人に傷つけられたこと・悲しかったことも、騙されたことも、
逆に人を悲しませ・傷つけたことも、自分が未熟だったこともあるけれど、

 

人にしていただいたこと・与えていただいたこと、
経験させていただいた貴重な経験・幸せな出来事、
感動したこと・嬉しく幸せな気持ちもたくさんある。

 

 

私も過去に、人にされた最悪な出来事、騙されたこと、
(↑リアルなことを書くと、仕事での言動や金銭の面など)
逆に、私が未熟で相手を傷つけたりしてしまったり、
荒れていて人を信じられなくなったことや、そのせいで人を傷つけてしまったこと
感情に振り回されてしまったことなどもありますが、

 

(その時は辛いけれど、無駄な経験はない。
調子の悪い時に人のあたたかさを知るし、考える。

そこからどう上がるかが、成長の時だと思います。。

人や物を見る目を養う。

過去に未熟でしてしまったことは戻れないので、
心から反省し、学び、改めていくのみです。。
心から謝罪して、良いことをもっとたくさんしていく!!

今ここから変われる!と思い、改め、行動し、前に進んでいくこと。
それが大切だと思います。)

 

 

応援してくださったり、力になってくれたり、
助けてくれたり、そばにいてくれたり、
大切な人や支えてくれている人々、関わってくれている人がいる。

 

 

その人たち、そして、自分のために頑張ること。
恩返しをすること。
それが、大切だと思っています。

 

 

 

自分が人にしていることが返ってくると思えば、
信頼出来る自分になるしかなくなりますよね。

 

 

 

自分が良いエネルギーでいると、
自然とご機嫌で、心からつながりあえる人に囲まれる。

 

 

運がいいと思っていると運が良くなってきますし、
良いことがあるから笑うのではなく、
笑っていると(周りの人を気持ちよくさせる)
良いこと(循環)が起こるのだと思います。

 

 

尊敬する方から先日聞いた話があります。

 

『黄金律』という言葉があります。

 

「他人から自分にしてもらいたいと思うような行為・行動を人に対してすること」

という意味を持つ言葉です。

 

 

また、私の、ある尊敬している方からは、

 

『人生は浮き沈みは必ずあるけど、沈んでる時にどう浮いてこれるかが人生』

と教えていただきました。

 

 

・人は一人では生きられないということ。

・感謝することを忘れない。

 

 

 

そしてもう一つ

 

◎人生は、時間は有限なのだということ◎

 

 

・自分にとっての大切なものを大切にする
・優先順位をきちんとつける

 

終わりを意識するから(終わりがあるから)人は成長する。
守るものがあるから強くなれる。

 

永遠があるならば、歴史は作られないし、発展も成長もしないのだと思います。

 

 

限りある人生で、どんなストーリー・人生の作品を作るか。
やり遂げるのか。

 

 

個人的には、人生は成長することが財産だと感じています。

 

 

 

 

 

なかなか、常に意識し続けることは難しいかもしれませんが、

なるべく、ふとたち止まって、意識してみたり、
良くなるようにと、考えてみることが大切だと思います。

 

 

 

ーーーーー

 

 

 

『人にはひとりひとり生まれてきた意味や使命が必ずある (初編 〜 後編)』

 

 

長くなりましたが、自分の経験も交えて
思うことを書いてみました。

 

 

幼少期の経験がなかったら
もしかしたら書道家として活動していなかったかもしれないですし、

していたかもしれないですが・・

 

今までの経験がなければ、
活動をしていても、また別の想いや意志で
安田 舞の人生を生きていたと思います。

 

全ての経験から自分自身は出来ている。

 

すべてのことに意味はある。すべてが繋がって今がある。

 

 

 

人生生きていくなかいろんな出来事がありますが、

それに直面した時、

 

どう捉えるか・どう行動していくか

きちんと向き合い学びを生かすこと
成長を意識すること
常に前を向くこと 諦めないこと
信じて前に進むこと

 

そうすることで、
必ずしや道は拓ける・良い方向へ進むと信じています。
(良くすると決める!)

 

人生は自分次第でいくらでも切り拓ける!

 

( もちろん本当のどん底の時は余裕なんてなかったりするかと思いますが、

落ちている時・課題のある時に、どう行動するか、どう上がるかが、
自分が試されている時、人生をより豊かに良いものにするための
成長の時だと思います。。

 

私もどん底にさがったときは(人生の先輩方に大変失礼なのですが・・)
エネルギーが下がったあと、

くっそー!とか思いながら (かなり前のめりになりながら ←笑)

これをどう乗り越えてやろうじゃないか!とか思ったり、
課題・出来事の意味を見出して精進したり、
人生の尊敬できる方(人生の先輩)や家族に相談したりして進んできました。。)

 

 

感謝しかないです。

 

 

 

歳をとるごとに、年々生きやすくなっていくと感じます。

 

 

それは、

いろんなことが、研ぎ澄まされて、
そして、
削ぎ落とされていくからかもしれません。

 

 

 

これからも、楽しいこと・嬉しいご縁や出逢い、
使命を全う出来ると感じられること、幸せな経験、
もちろんそうでないことも、いろんなことがあるだろうけど、

先の未来に進んでいくことが、とても楽しみでなりません。

 

 

 

これを見てくださっている方の

一人一人の

大切な人やものを大切に出来る
自身の夢・使命を生きることの出来る
自分(たち)にとっても幸せを感じられる充実した人生を

心から応援し、お気持ちお送りしています。

 

 

ここまで読んでくださっている方は、
長い文に目を通していただき、本当にありがとうございます。🌻😶

 

 

(是非、自分に置き換えて考えてみたりしていただいたり、、)

何か少しでも、お役に立てれば幸せです。^ ^

 

 

 

 

 

安田 舞

The following two tabs change content below.
安田 舞
超一流の勝負文字伝道師 書道家/書家 関西・関東を拠点に国内外にて活動。 はじめまして。超一流の勝負文字伝道師 書道家 安田 舞と申します。 書を通じて、また人として、『関わる人の可能性を切り拓き、飛躍に導く』『感動と活力を届けられるものを創造する』ことを自身の軸・使命として活動をしております。 現在、名刺制作・タイトル題字制作・企業理念・オーダーメイド作品・和の空間演出などの書作品制作・国内外での書道パフォーマンスの披露・文化交流活動・講演発信などを通じた、活動をおこなわせていただいたり、取組みに携わらせていただいております。 こちらでは、活動報告や、作品のご紹介、活動に対する自身の想いなどを発信してまいります。 ご興味を持ってくださった方は、もしよろしければ、是非、Facebookページや、インスタグラム、Twitterのフォローもしていただけると嬉しいです。^^ ご縁に感謝。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です