logo

蒲生行者堂の看板を書かせていただきました


大阪府城東区にある、江戸時代から地域に愛されてきた
空海の石像や吉野の役小角(西暦634年)が祀られている
『蒲生行者堂(がもうぎょうじゃどう)』。

 

 

先日、スギタハウジング株式会社 杦田社長より、
今回 蒲生行者堂のお世話を任されて、
大改修工事をすることになられたとのことで

 

 

大改修するにあたり、その新たな看板文字を、
一枚物の大きな杉の木に書かせていただきました。

 

 

 

10998081_800893003327005_9178673035147417236_n

 

この行者堂では、かつては、
行者さんが山で厳しい修行を修めて下山した際に
村人達が、行者さんにお力を分けて頂こうと地面に横たわり、
その上を行者さんがまたいでいくということをおこなったそうです。


 

近在の人たちによりお奉りされていて、
その歴史は三百余年。

 

 


もうすぐ崩れそうな建物だったみたいで、
『任されたのは、神のお告げ』だと思われたそうです。

 

 


表看板には、『蒲生行者堂』
裏面には、蒲生行者堂 大改修記念
杦田さんのお名前と日付を書かせていただきました。

 

 

11112580_800892969993675_2442356577102718895_n

 

 

11107170_800893179993654_3270106266395120554_n

 


今回は、
「時代を超えて、残る文字」ということを意識して書きました。

 

 

蒲生行者堂は、江戸時代から地域に愛されてきた
とても歴史のある建物ですし、
現在、建立から三百年も経っており、
これからもずっと残っていくものだからです。


 

 

表面は、約2.5mの木の板の真ん中に5文字。
ご希望の文字の表現や字体をお伺いして
バランスを考えて配置を考え、

 

 


そのうえで、勢い良く存在感のある
しっかりとした文字を意識して、
エネルギーを込めて
書かせていただきました。

 

 

裏面は、普段は見えませんが、
やがて100年くらい経ったときに、
看板を取り外すときがあれば

 

 

 


そのときに裏面をみて、
『杦田(勘一郎)さんという方が、
大改修工事をおこなわれたんだ』
みてもらえたら、とおっしゃられておりました。

 

 

11112584_800893059993666_6076191806110087424_n



とても貴重な、歴史のある場所と建物の
大改修をされるご機会に、
看板への書を書かせていただけたこと、
とても、ありがたく嬉しく思います。^^

 


本当に、感謝です。ありがとうございました。

 


PS. 写真は、蒲生行者堂と、看板
そして、若宮八幡太神宮です。
そこに貼ってあった、坂本龍馬の言葉があらためて素敵だったので、
ご紹介します!

 


『人の世に道は一つということは無い 道は百も千も万もある』

 

10998081_800893003327005_9178673035147417236_n

 

10491196_800893119993660_5403410823847696051_n

 

 

超一流の勝負文字伝道師 書道家 安田 舞

 

The following two tabs change content below.
安田 舞
はじめまして。超一流の勝負文字伝道師の安田 舞と申します。 私は、『勝負文字』というコンセプトのもとに活動をさせていただいている書道家です。 現在は、名刺・タイトル題字制作・店舗壁への書きおろし、オーダーメイド作品・企業理念などのご依頼を受け、文字をお書きおろしさせていただいたり、日本国内・海外にて、日本の伝統を発信するべく、書道パフォーマンスを披露させていただいております。 このサイトでは、活動報告や制作商品のPR、活動に対する自身の想いなどを発信してまいります。 私に興味を持っていただけた方は、よろしければ是非、お気軽にFacebookページやインスタグラム、Twitterをフォローしてくださいね。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です