logo

書道家/書家 安田 舞(超一流の勝負文字)公式サイト

こちらは、  安田 舞  のプロフィールをご紹介しております。ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

こちらは、活動・事業・ご提供している全てのサービスのご内容を一覧でご紹介しております。ご興味のある方はぜひご覧ください。

こちらは、書の作品制作・書道パフォーマンスをご依頼いただきました方のご感想をご紹介しております。ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

PROFILE
プロフィール

安田 舞      書道家 / 書家

昭和を代表する二大書家によって設立された書道学会師範指導より、

4歳から書道を習得。千字文大会展にて静岡県知事賞受賞。
文部科学省 認可 硬筆師範免許・毛筆師範免許 保有。

書を通じて、表現者として『可能性を切り開く』
『感動と活力を届ける』ことを自身の使命として活動する。

座右の銘は、人生を最高に旅せよ/可能性は無限大。

小栗旬さん出演 味の素 TVCM『だし炊きたこ飯』題字、
NTT西日本・東日本 書の電報『夢・つなぐ』デザイン制作
maxell IZUMI様 Vシェーバー2018キービジュアルの書制作
ヤフークラウドソーシング・エンディングサービスWEB題字など
企業様の作品制作も行う。

ルーブル美術館 作品展示、フランスJapan expo出演、
日本スペイン外交関係樹立150周年記念事業での書道パフォーマンス上演や、
東京五輪2020へ向けた ホストタウン事業・イベントへも参加。
書道家として、大阪府 城東警察署 一日警察署長を務め、
秋の交通安全運動・交通安全大会にて『安穏無事』の揮毫・書道パフォーマンスも行った。

書道パフォーマンス出演 揮毫、題字タイトル、ロゴ、名刺文字
オーダー作品などの制作活動をメインとし、
国内外にて日本の伝統文化・精神性を発信していくため活動を行っている。

詳しいプロフィール 活動事業・実績PDF    /   作品PDF

NEWS
新着情報

ヒルトンプラザ大阪にて令和のパフォーマンス&トークショーに出演させていただきました

5月11日(土)ヒルトンプラザ大阪にて 令和のパフォーマンス&トークショーに出演させていただきました。                
12th 5月 19

ジェイアール名古屋タカシマヤさんにて改号を祝う揮毫パフォーマンスをおこなわせていただきました

令和 元年 5月1日 天皇陛下御即位をお慶び申し上げます。       本日、開店時のジェイアール名古屋 タカシマヤさんにて、改号を祝う揮毫 パフォーマンスをおこなわせていただきました。 &
2nd 5月 19

(告知)5月11日(土)ヒルトンプラザ大阪主催 令和の書道家 4人展 パフォーマンス&トークショーに出演します

5月11日(土)15:00〜(40分) ヒルトンプラザ イースト1F アトリウム パフォーマンス&トークショーに出演します。 後援:エフエム大阪   ※11日(土)〜19日(日)期間中 作品展示もござい
28th 4月 19

5/1GWのジェイアール名古屋タカシマヤさんにて改号を祝う 揮毫パフォーマンスをおこなわせていただきます

5/1GWのジェイアール名古屋タカシマヤさんにて改号を祝う 揮毫パフォーマンスをおこなわせていただきます!   新時代の幕開けに是非タカシマヤさんへ https://www.jr-takashimaya.co.
26th 4月 19

PHILOSOPHY
コンセプト・理念

MESSAGE
メッセージ

可能性を切り拓く。飛躍に導く勝負文字。

 

はじめまして。 安田  舞 と申します。

『可能性を切り拓く』『感動と活力を届ける』ことを指針とし、

現在、国内外での書道パフォーマンス、題字ロゴ制作・企業理念やオーダーメイド作品制作、
空間演出・文化活動など書を通じて、活動・お仕事をおこなわせていただいております。

私が書を通じた活動お仕事に携わらせていただくとき、
企業様や個人様の想いや志(またご企画のコンセプト)に触れるご機会が多くございます。

想い・志・コンセプトなどを一旦取り込ませていただいてから、書にしたためるのですが、
みなさま(貴社)の想いを汲み取らせていただき、想いを反映(表現)させた
魂を込めて揮毫した書には、エネルギーが乗り、場の空間を高め、
命が宿ったように輝きが放たれ、信念を揺るぎないものとする。

可能性を切り拓く、飛躍に導く力がある。そう心から感じています。

そういった想いから、『勝負文字』とは、可能性を切り拓く・飛躍に導く書としています。

想いと魂を込めた書には、きっと可能性を切り拓く力があると信じています。

GALLERY
作品紹介

MOVIE
出演・制作動画

SOCIAL MEDIA
ソーシャルメディア公式アカウント

Twitter